OIC 先輩達の内定報告

CGクリエイター専攻
大阪府立美原高等学校 出身
黒石 貴大さん
CG・映像・アニメーション系について

コンポジター

株式会社NAC

会社概要

コンピューターグラフィックス制作を主要業務とするCGクリエイター集団。ほかにゲームソフトの企画開発やタレント・アーティストのマネージメント業務など多彩な事業を展開する。本社は東京都。
http://www.team-nac.com

内定先についてお聞かせください。

東京にあるCGの制作会社です。入学した頃はアニメに興味を持っていたのですが、様々な分野を学ぶうちに3DCGを制作する仕事をめざすようになり、内定先を選びました。すでに入社に向けて動き出していて、入社直前からインターンシップに入り、卒業式のためにいったんOICに戻った後、すぐに入社となります。就職後の抱負としては、まだまだ時間はかかりますが、いずれは「このエフェクトは黒石の仕事だな」と感じてもらえるようなコンポジターになりたいと思います。

選考のようすを教えてください。

この分野は、ポートフォリオのプレゼンをするスタイルの面接になることが多く、僕はそれが苦手でした。そのため、担任の先生が何度も模擬面接をしてくださり、面接会場の東京へ向かう夜行バスに乗り込む当日も練習の場を設けていただいたほどでした。面接では練習と同じ質問もあり、「面接がうまいですね」という言葉もいただきました。準備の成果だと思います。ポートフォリオに関しては普段からの取り組みが大切です。就活を意識したわけではなく、授業と自主制作の繰り返しで、自然と作品集ができたという感じです。僕は就活の始動が遅く「そろそろ動かないとヤバいぞ!」と先生から言われていたほどです。それでも、普段からポートフォリオづくりに励んで作品をストックできていたこともあり、期間としては1カ月くらいのスムーズな就活になりました。

学校生活を振り返って思うことは何ですか?

1年生の段階では幅広く学び、2年生の中頃から3DCGに力を入れるようになりました。CGの先生は現役のクリエイター。いつも手厳しい評価ばかりで、褒められた記憶がありません。それでも先生のCG制作に対する熱意を感じたし、現場で通用するレベルを求めるからこそ厳しかったのだと思います。OICの先生は、作品については簡単には褒めてくれません。細部にわたってチェックされ、細かいところでも妥協の痕跡があれば必ず見抜かれました。振り返ると、そんな先生のもとで学んだから力を付けられたのだと思っています。1年生からアート映像部で活動したこともいい経験でした。卒業式用のムービー制作では、先生に叱られ挫折しそうになりながらも、卒業式会場での大きな拍手を聞き、映像で多くの人に楽しんでもらえる喜びを味わう体験ができました。

受験生の皆さんへのメッセージ

OICでは1年生の段階で幅広い体験をするカリキュラム編成になっています。そこで自分の興味ある分野と出会えるかがポイント。僕も当初はアニメを考えていたのですが、3DCGという現実にないものでも自分のイメージで生み出せる表現方法に惹かれるようになりました。あとは学校生活を楽しむこと。僕はOICで同じ志を持つ仲間と楽しく学べました。もちろん乗り越えないといけないことは多々ありますが、卒業する頃にはOICでよかったと思えるはずです。

ページの先頭へ