OIC 先輩達の内定報告

CGクリエイター専攻
福井県立敦賀工業高等学校 出身
増井 佑哉さん
CG・映像・アニメーション系について

プロダクションアシスタント

株式会社プラスディー

会社概要

デジタルと映像制作を柱に、Web、アプリ開発などのデジタル領域のほか、映像、イベント、印刷物などの企画・制作を行うクリエイティブ集団。本社は東京都。
http://plus-d.co.jp

内定先についてお聞かせください。

「ムービープロデュース事業」「クリエイティブ&プランニング事業」「クリエイティブシェアリング事業」を展開している東京のプロダクションで、映画『銀魂』の製作にも携わった実績があります。僕がOICで映像の技術を学ぼうと考えたのは、もともと映画好きだったから。憧れの映画の一つである『銀魂』に関わった会社に採用され、まさに理想の就職ができたと思っています。

アート映像部での経験が活かされたことはありますか?

内定先ではインターンシップにも参加しているのですが、正直かなりタフな現場でした。それでも粘り強く乗り切れたのは、アート映像部での活動が支えになったと感じています。部活でのハードな合宿や仲間との連帯。この経験は就職後も活き続けるでしょう。インターンシップでは、ミュージックビデオの制作現場で様々なアシスタント業務に携わる経験をさせてもらいました。撮影現場の補助をしたり、演者さんの案内をしたり、いろんな雑用をこなしましたが、現場でのアシスタント業務の一端に触れられたことは勉強になりました。勤務先ではプロダクションアシスタントという立場からキャリアを始めていきます。アシスタントとして現場での仕事を幅広く覚え、将来はディレクター職、さらに現段階では夢の夢ですが、映画監督を最終目標に長いキャリアを積んでいきたいと思います。

OICでどんな技能が身につきましたか?

自分の売りは、企画から最終の仕上げまでを独力でこなせることです。企画も得分野で、ドキュメンタリー映像を一人で制作したこともあります。この作品は学内の賞をいただきました。グループ制作でまとめ役を経験したことも印象に残ります。将来ディレクターをめざすなら絶対にしていくべき経験ですが、僕はこの授業でいつかディレクターへステップアップしたいという意識が芽生えました。OICにおける一番の魅力は、先生と学生との親密な距離感だと思っています。就活でも面接の前日、当日に声をかけてくださったり、インターンシップの前には謙虚な姿勢で臨む心構えを教えてくださったり、何かときめ細かいアドバイスを送ってもらいました。先生のフォローがなければ、就職が決まっていたかどうかわかりません。

受験生の皆さんへのメッセージ

OICの魅力は先生だとお話しましたが、クラスメイトの存在も同様です。僕と同じように東京に就職する仲間もいますので、これからは同業者としてお付き合いできます。OICに入ったら理想の就職を実現するとともに、生涯付き合える友人も見つけてほしいと思います。

ページの先頭へ