OIC 先輩達の内定報告

CGクリエイター専攻
大阪府立泉大津高等学校 出身
塚本 竜也さん
CG・映像・アニメーション系について

エフェクトアーティスト

株式会社フォトン・アーツ

会社概要

映画、テレビ番組、コマーシャルフィルム、ゲーム・VR、アニメなどのほか、プロジェクションマッピング、イベント映像などを広く手がける映像制作会社。本社は東京都。
http://photonarts.co.jp

内定先についてお聞かせください。

新宿を拠点とする、ハイエンド3DCG映像・アニメーションを制作するプロダクションです。CGをつくる仕事をしたいと思っていたので、希望通りの就職ができました。内定書に印鑑を押しに本社を訪れたとき、入社までに勉強しておくことをお聞きしました。少しでも即戦力に近づけるよう、入社までの時間を有意義に使いたいと思います。

内定先からは何が評価されたと思いますか?

内定の決め手は、ポートフォリオのクオリティーだったと聞きました。ポートフォリオづくりの技法に関しては普段から授業で学んでいて、企業が見るポイントはどこか、どのような構成にすると伝わりやすいか、そういった知識を活かしてポートフォリオを作成しました。エフェクトアーティストとして採用されたのですが、エフェクト作品が評価されたことは非常にうれしく思います。職種を絞って勉強してきたよかったです。選考にあたって、先生からは様々な支援をしてもらいました。面接に備えて担任の先生に予想される質問を立ててもらい、それに対する回答の中身をアドバイスしていただく形で準備をしていました。また、就活では企業側とメールでやり取りする機会も多くなるのですが、適切な文面の作成についても先生に細かく指導していただけたのは助かりました。

印象に残っている授業は何ですか?

チーム制作の機会が多かったことは、卒業後役立つのではないでしょうか。現場では常にチームでの作業なので、実務のシミュレーションになった授業だと思います。自主制作にも自由に取り組みました。ここで大きかったのは、個別的にひたすら作品をつくるのではなく、成果物を先生や仲間に見せて意見をもらい改善していけたOICの環境です。先生はプロのクリエイターなので指摘が的確かつ具体的でした。カリキュラム面では1年生で幅広く学び、好きな分野を見いだして、その職種に絞っていくというステップもよかったと感じています。僕がエフェクトに興味を持ったのは、実際に体験してみて、エフェクト次第で絵のクオリティーがまるで違ってくるのを実感したからです。作業時代は地味に見えますが、僕はエフェクトを極めていきたいと考えています。将来的にはスーパーバイザーのような立ち位置で仕事をするのが目標。映画のエンドロールに、責任ある立場として名前が載るような活躍をめざします。

受験生の皆さんへのメッセージ

僕はOICでエフェクトの魅力に目覚め、早期から職種を絞って勉強してきました。それも一つの道ですが、慌てることはありません。OICでは幅広いジャンルに触れられますので、それらを体験しながら本当に自分に合うと思える分野をじっくり見つけてください。それからでも就活には間に合います。

ページの先頭へ