OIC 先輩達の内定報告

CGクリエイター専攻
京都市立日吉ヶ丘高等学校 出身
野原 可奈子さん
CG・映像・アニメーション系について

映像編集

株式会社テナシティー

会社概要

ビデオ映像制作、ストリーミング用ビデオ映像制作、DVD制作、Web制作などを手がける映像制作会社。本社は大阪府豊中市。東京にもスタジオを設置している。
http://www.tenapro.com

内定先についてお聞かせください。

大阪と東京に拠点を持つ映像制作会社です。私の希望がCM制作に携わることだったので、先生がそれに見合う求人情報を紹介してくだったのが内定先でした。担当は映像編集ですが、小さな会社なので撮影なども兼務していくことになるでしょう。OICで広く学んできたことを活かしたいと思います。学生時代はつくりたいものをつくってきましたが、入社後は意識を切り替え、クライアントの要望に沿うのはもちろん、要望以上の作品をつくることで会社に貢献していきたいと考えています。

選考ではどんなことに気をつけましたか?

ポートフォリオにはグループ制作での短編映像、CG作品、写真、趣味で描いたイラスト、絵コンテなどを幅広く入れました。ある分野に特化することも一つの方法ですが、私はそのようなタイプではないので、自分が学んできたことを示す意味でも多様な作品を盛り込みました。結果的にその判断はよかったと思います。面接はポートフォリオの作品を話題にしながら進みました。就活を通じて面接慣れしていたこともあり、とくに緊張感もなく終えることができました。私は作品数が多いほうだったのですが、そうした学習の成果をそのまま出せたことが内定につながったと感じています。

印象に残っている授業は何ですか?

CM制作に興味を持っていたので、企画力や絵コンテ作成の技術を意識的に磨いてきました。その一環として授業の課題で学外コンペに応募し、結果を残せたことが印象に残っています。1年生のときに「ACC学生 CMコンクール(テレビCM部門)」という絵コンテのコンペで銀賞。2年生では「2016 MADE IN OSAKA CM AWARDS(学生部門 テレビCM部門)」で優秀賞をいただくことができました。ACCは全国から1000点以上の応募がある中での受賞だったので自信になりました。授業外ではアート映像部の活動です。OICの学務課をクライアントとする業務に参加し、企画、構成、撮影などの一連の実務を体験。現場に則した業務の流れを理解するとともに、納期までに仕上げるためのスケジュール管理の大切さを学びました。

受験生の皆さんへのメッセージ

基本的にOICは自由な学校。だから主体的に作品をつくっていく姿勢が大切です。特段に個人制作に力を入れる必要はなく、授業だけでもいいので1年生から作品をストックしておくことをお勧めします。それだけでも結構な作品数になります。そうした地道な積み重ねが、就活の段階になって役立つことでしょう。

ページの先頭へ