OIC 先輩達の内定報告

CG映像クリエイター専攻
第一学院高等学校 出身
一丸 将宏さん
CG・映像・アニメーション系について

DTPオペレーター

株式会社大阪美装

会社概要

看板・垂幕・のぼりなどの印刷・製作を行う。不動産業専門の販促ツール販売「サインハウス事業」および看板専門の印刷通販サービス「インクジェットハウス事業」を展開。本社は大阪府摂津市。
https://www.inkjet-house.jp

内定先についてお聞かせください。

おもに看板やのぼりをつくっている大阪の企業です。職種はオペレーターで、デザインデータのオペレーションを担当することになります。OICではCG映像クリエイター専攻で学んでいましたが、CG映像を勉強する中でグラフィックデザインの基礎も習得しますので、その過程でグラフィック系の仕事にも興味を持つようになりました。グラフィックも映像と同様に、ものづくりの醍醐味を感じられる仕事だと思います。

映像の学習で培った素養は活かせますか?

映像で学んだことがグラフィックの仕事に還元できる要素は大いにあるはずです。僕が映像をつくるうえでいつも心がけていたのは、一枚の絵として見栄えするかどうか。グラフィック的に美しい絵は、映像としても映えるのです。また、グループ制作では言葉だけでなく絵コンテを書いてチームで情報を共有することの大切さを学びました。この点も共通する素養だと思います。技術面以外ではスケジュール管理の考え方も似ています。映像制作では毎回一つひとつの工程を洗い出し、スケジュールを組んで自己管理を行うことが不可欠で、このことはグラフィックの制作とまったく同じ。内定先からも納期管理の重要性をうかがう機会がありましたが、映像制作を通じて身につけたスケジュール管理法を仕事で役立てていきたいと考えています。

選考で印象に残っていることは何ですか?

内定先は先生の紹介です。僕の希望を踏まえて見つけてくださいました。印象に残っているのは面接の際、あえてポートフォリオを持ち込み「よければご覧いただけませんか」とお見せしたことです。幸いにも、しっかり作り込んでいるという評価をいただくことができました。これは企業説明会での経験が役立ちました。説明会でも作品を見てくださる企業があり、プロの目で評価を受けて大変勉強になったし、コミュニケーションのきっかけにもなることを感じていました。ポートフォリオについては映像系の作品だけではなく、先生に別に課題をいただくなどしてグラフィック作品も揃えるように準備していました。デッサンも入れましたが、授業に加えて夏季のデッサン講習にも参加した成果を出せたと思います。面接対策として効果的だったのが先生との個人練習で、「あさって面接が決まりました」と先生に報告するとすぐに練習を組んでくださいました。僕は緊張するタイプ。それでもこの練習で声の出し方や目線の配り方をおさらいでき、面接本番では自分を客観的に見る余裕ができました。

受験生の皆さんへのメッセージ

僕はグラフィクス系の進路をめざし、それに備えて他分野の課題をさせてもらうなど、可能な限り希望に沿う勉強をさせていただきました。このような自由度の高さ、柔軟さはOICのよさではないでしょうか。また、学内展や学外コンテストへの応募など発表の機会も多いのですが、人に見てもらう意識を持って作品をつくることも大切です。会社では看板やのぼりといった大型の印刷物をつくります。多くの人の目に触れるものを作成できることをやりがいに、仕事に励みたいと思います。

ページの先頭へ