OIC 先輩達の内定報告

マンガイラストコース
大阪情報コンピュータ高等専修学校 出身
野守 明日香さん
デザイン・Web系について

グラフィックデザイナー

OSPゴールドシー株式会社

会社概要

パッケージング・コングロマリット(包装関連複合企業集団)を標榜するOSPグループ企業の一社。同社は大阪府八尾市にあり、おもに各種印刷物のDTP・デザイン業務を行いっている。
http://www.osp-group.jp

内定先についてお聞かせください。

商品パッケージなどを製作する印刷会社です。私はグラフィックデザイナーとして、食品などのパッケージデザインに携わります。マンガイラストコースでもグラフィックデザインの授業があり、主要なグラフィックソフトの操作はしっかり習得できました。パッケージデザインの授業もあり、一般消費者の購買意欲をそそるための色づかいなどを学習。デザインの力で消費者に訴え、商品の売上に貢献できるというのはやりがいのある仕事だと思います。

選考のようすを教えてください。

面接では志望動機などの基本的な質問に加え、履歴書に記載した私の趣味や特技についての話題のほか、会社に関する説明を聞かせていただきました。面接対策と履歴書作成は普段からから授業で練習していました。履歴書は自分で書き上げたものを先生と一緒にブラッシュアップしました。先生は「この経験も書いたほうがいい」など、自分では気づかなかった私のアピール材料を掘り起こしてくださり、その結果いい履歴書に仕上がったと思っています。また、このときの先生との対話は自己分析の機会にもなりました。2年制コースでは、1年生の終わりから就活を始められるように、1年の早期から就職対策が組み込まれ、自然と就職に対する意識が高まっていきました。2年間という短期間で、専門職として就職できて本当によかったと思います。

OICでの学びで印象に残っていることは何ですか?

1年生の段階ではグラフィックデザインを含めた基礎を広く学び、2年生からマンガ・イラストを学習するカリキュラムなので、どちらの就職にも対応できるようになっています。私はグラフィックデザイナーを選びましたが、OICで培った技能を活かし、いずれはイラストの仕事もしてみたいと思っています。OICは分野の垣根が低く、CGや映像の学生とも親しくしていたので、お互いの学習内容をよく情報交換していました。そこで他分野の課題でも自分にもプラスになると感じたらやってみる。そのような自主学習に取り組んでいました。同じカリキュラムのもと学んでも習得のスピードは個人ごとに違います。私は皆に追いつけるようにという意識を持って、自主学習も大切にしていました。その成果物を先生に見せにいくと必ずアドバイスをもらえるし、先生も日頃から「(自主学習の作品も)どんどん持っておいで」と言ってくださっています。

受験生の皆さんへのメッセージ

OICのよい点は、先生のきめ細やかな助言がいつでも受けられること。アイディアレベルのものでもスケッチブックに描き止め、先生の意見をうかがいにいくことを繰り返していました。一人で考えることも貴重な時間ですが、困ったときは迷わず先生に相談する。それがよい作品につながります。OICに入ったら、ぜひ積極的に先生の助言を仰ぎにいってください。必ず応えてくださいます。

ページの先頭へ