OIC 先輩達の内定報告

アートディレクター専攻
奈良県立奈良情報商業高等学校 出身
中村 楓さん
デザイン・Web系について

DTPオペレーター・営業職

株式会社明和商会

会社概要

印刷製版資材販売会社として設立。その後、印刷製版業界のデジタル化にいち早く対応し印刷事業に本格的に参入。特殊印刷物・加工品を短期間で印刷できる独自の体制を構築している。本社は大阪府東大阪市。
http://www.meiwa-sh.co.jp

内定先での仕事内容についてお聞かせください。

配属先は未定で、適性をみて営業職もしくはDTPオペレーターのいずれかの職種に就くことになります。私の希望としてはDTPオペレーターになりたいと考えています。DTPオペレーターの仕事内容は、取引先から引き継いだ印刷データのオペレーションで、この作業が印刷物にダイレクトに反映されるためにミスが許されない大切な業務です。また、印刷物の品質管理という観点からも最終の仕上げであるオペレーターの役割は重要だと考えています。

インターンシップには参加されましたか?

内定先でのインターンシップに参加し、DTPと営業の業務を体験させていただきました。DTPソフトはOICで普段から使っていたものと同じだったので、作業がイメージしやすかったですね。実際にソフトを操作することもありましたが、授業で慣れ親しんでいたので問題なくこなせました。あとは製版、刷版という印刷の前工程や、版をチェックする検版という作業も見学し、DTPの現場における全体的な作業の流れを学びました。営業の部署では伝票作成などの事務に従事しました。インターンシップ後に会社からのフィードバックがあり、挨拶がハキハキでき、誰とでも話せる。作業もスムーズにできていたという評価をいただきました。OICで培ったコミュニケーション力をインターンシップの機会に発揮できて良かったと思います。

就活の力になったことは何ですか?

入学時は人と話すことが得意でありませんでしたが、学校生活を通じてかなり成長できました。アートディレクター専攻では3年生になると、グループ制作で他専攻の学生と組むことが多くなります。そこで他職種をめざす学生と一緒に学んだ経験。さらにオープンキャンパススタッフを務めたことで、高校生や保護者という多様な年齢層の人と関わりコミュニケーション力を鍛えました。もちろん基本は作品力です。3年制のゆとりを活かし、数多くの作品をつくれたことと同時に、先生とのコミュニケーションを密にしたのがよかったと感じています。先生とコミュニケーションを密接に図れば、作品力は伸びていきます。だからオープンキャンパススタッフで対話力を磨いた経験が、結局は作品力を伸ばす土台にもなったのです。

受験生の皆さんへのメッセージ

アートディレクター専攻は3年制なので時間的余裕があり、作品の数とバリエーションを増やすことができました。ただ反省もあり、もっと早期からポートフォリオの作成に取り掛かっておくべきだったと思っています。実際、先生からは「早め早め」と促されていました。というのも、つくって終わりではなくブラシュアップにも相応の時間を要するからです。私自身、内定を得た今でも修正したい気持ちがあります。アートディレクター専攻で学ぶ人は3年制のゆとりを最大限に活かすためにも、早めのポートフォリオ作成を心がけていただければいいのではないでしょうか。

ページの先頭へ