OIC 先輩達の内定報告

マンガイラストコース
大阪情報コンピュータ高等専修学校 出身
髙本 優太さん
デザイン・Web系について

DTPオペレーター・営業職

株式会社明和商会

会社概要

印刷製版資材販売会社として設立。その後、印刷製版業界のデジタル化にいち早く対応し印刷事業に本格的に参入。特殊印刷物・加工品を短期間で印刷できる独自の体制を構築している。本社は大阪府東大阪市。
http://www.meiwa-sh.co.jp

内定先での仕事内容についてお聞かせください。

DTPオペレーターもしくは営業への配属になります。DTPについてはOICで学んできた分野なので対応できると考えています。面接の際にポートフォリオをお見せして、OICでの学習成果を示しました。一方、僕は人と話すことが好きなので営業職になっても大丈夫。内定先は担任の先生の紹介で受けました。先生は本当に学生一人ひとりの個性をよく把握しておられて、DTPオペレーター、営業職のどちらでも対応可能な僕の適性を考えて、この会社を紹介してくださったのだと思います。

選考のようすを教えてください。

面接ではポートフォリオを持参し、プレゼンをさせていただきました。グラフィックデザインコースで学んできた成果を示せるようポスター、パッケージデザインを多めに入れ、あとはイラスト、デッサン、Webデザインを加えました。Web作品についてはWeb部での学習成果を盛り込みました。面接は堅苦しい感じはなく、とてもいい雰囲気で進みました。インターンシップにも参加しています。営業とDTPの現場を交互に体験するプログラムでした。1ヶ月間にわたる長期のインターンシップだったので、会社の雰囲気や仕事内容を十分に見ることができました。仕事は楽しいし会社の雰囲気もよく、この会社なら働きたいという気持ちになりました。その印象を持った状況で内定をいただくことができたので、うれしく思っています。

OICの学びで印象に残っていることは何ですか?

2年間という短期間で専門就職をめざすコースなので、早期から就職を意識しました。そのきっかけになったのが入学直後の「専門職に就くために、すぐにポートフォリオをつくりなさい」という先生の言葉です。その一言がないとすぐに動き出さなかったかもしれません。1年生から作品をストックしていたおかげで、とくに自主制作に力を入れることもなく、授業の成果がそのままポートフォリオになった感じです。OICの授業でよかったと思うことは、先輩がティーチング・アシスタントに付いてくださることです。先生が他の学生の質問に答えている間でも、先輩が対応してくださるので授業が停滞することはありません。このしくみには大変助けられました。

受験生の皆さんへのメッセージ

僕はOIC入学時、とくに強い動機を持っていたわけではありませんでしたが、先生の手厚いサポートで希望通りの就職ができました。僕が理想とする社会人像は、一人ひとりの相手に必要な言葉をかけられる人間になることで、そのロールモデルはOICの先生です。2年間はあっという間ですが、就職のための勉強ばかりではありませんでした。部活にも参加していたし、同級生と一緒にサークルを立ち上げて歴史の勉強をするなど、学校生活を楽しんでいました。OICに入ったら、勉強もキャンパスライフも楽しんでほしいと思います。

ページの先頭へ