OIC 先輩達の内定報告

マンガイラストコース
大阪情報コンピュータ高等専修学校 出身
石川 栞さん
デザイン・Web系について

美術管理

株式会社GoHands

会社概要

テレビアニメおよびアニメ映画の企画・制作を行う。テレビアニメでは「プリンセスラバー!」や「ハンドシェイカー」など、アニメ映画では「マルドゥック・スクランブル」「生徒会役員共」などの作品で知られる。本社は大阪市。

内定先についてお聞かせください。

大阪に本社を置くアニメ制作会社です。企画から納品まで一貫して行う体制を持っていて、テレビアニメ、劇場版アニメで著名な作品を手掛けています。私は当初アニメーター志望だったのですが、就活を通じて設定管理という職種を知りました。アニメ制作に必要な資料収集や進行管理などを担う仕事なのですが、アニメ制作の全体像を勉強できる職種だと考えて目標を変えました。もともと企画やストーリーづくりに興味があり、設定管理の仕事を通じてそのための勉強を積んでいきたいと思います。

印象に残って授業は何ですか?

マンガイラストコースなので描くことが中心でした。パース(遠近法等)の取り方、構図の作成法といった基礎から学びました。OICに入るまでデッサンをきちんと勉強したことがなかったのですが、授業や夏期講習で画力、観察力ともに向上したと思います。とくに集中的にデッサンに取り組む夏期講習では、同じモチーフを連日描き続けるのですが、このときに一段レベルアップした手応えがありました。この段階ではアニメーター志望だったので、アニメーターに欠かせない同じ絵を何枚も描くための基礎ができたと感じました。印象に残っている授業は「キャラクターデザイン」ですね。たとえばある職業のキャラクターを男女で描き分けるなど、毎回先生から出されるお題に沿ってキャラクターを考案します。これがなかなか難しく、自分ではできているつもりでも意図が伝わっていないという講評を受けたこともありました。これに限らず、授業はどれも楽しかったです。

就活のようすを教えてください。

面接でとくに確認されたことは、志望動機とアニメが好きな理由でした。とても緊張してしまったのですが、何度も対策をしていたので乗り切ることができました。面接対策は「キャリアデザイン」の授業で予想される質問を立てたり、キャリアブートキャンプ(就職対策の合宿)で実践練習を積んだりしたほか、直前には先生が個別にロールプレイイングをしてくださいました。先生が学生一人ひとりの就活スケジュールを把握されていて、面接の前日に「練習やっておく?」と声を掛けてくださいました。履歴書の作成でもきめ細やかな助言をいただきました。下書きの段階では志望動機のアピールが弱く「なぜこの会社でなければいけないのか。その点がもっと伝わるように」とアドバイスされたことは、とても重要な指摘だったと感謝しています。

受験生の皆さんへのメッセージ

OICはまだ将来の目標が決まっていない人にも適した学校だと思います。私が学んでいるマンガイラストコースでも、グラフィックデザインやWebデザインなど幅広い分野に触れられますので、いろんなジャンルの勉強をしながら進路を決めていけばいいと思います。もちろん目標が定まっている人にもいい学校。先生は業界でプロとして活躍してきた実績のある方々なので、プロの視点でアドバイスをもらって力を伸ばしていけます。

ページの先頭へ