OIC 先輩達の内定報告

ゲームプランナー専攻
兵庫県立武庫荘総合高等学校 出身
小山 寛夢さん
ゲーム系について

コーディネーター

株式会社トーセ

会社概要

ゲームソフトおよびモバイル・インターネット関連コンテンツの企画・開発・運営を行う。東南アジア向けスマートフォンゲームの開発など、グローバルな事業展開も実施。本社は京都市。
http://www.tose.co.jp

内定先についてお聞かせください。

京都にあるゲームソフト開発会社です。職種は、内定先ではコーディネーターと称しますが、ゲームプランニングです。他職種にはなりますが、OICの先輩も勤務されています。この仕事に就くのは高校時代からの目標で、OICを選んだのもゲームプランナー専攻があったからで。夢が叶い、うれしく思います。

プランナーをめざすために、どんなことを学んできましたか?

4年間のカリキュラムの中で、ゲーム企画だけではなく、デザインも実践して自分の特長といえる技術を磨いてきました。2D・3Dゲームを制作したり、エフェクト(効果)にチャレンジしたりなど幅広い分野に触れ、そこから僕の場合、3Dという得意分野を築きあげることができました。演習ではデザイナーやプログラマーをめざす学生とともに作品制作を行います。プランナーとしてゲーム企画、チームへのプレゼンテーション、仕様書の作成、スケジュール管理、クオリティー管理などを担い、一つの作品を完成させていきます。そこでデザイナーにディレクションをする際、自分でデザインもできることはプランナーとしての強みなります。理論だけではなく、実際の作業工程を把握しているとディレクションが行き届きやすいのです。また、デザイナーやプログラマーに指示を行うときは、チームにひずみが生じないよう丁寧に接することも常に意識していました。

選考で印象に残っていることは何ですか?

複数回あった面接の中で、企画書を持参してプレゼンテーションを行う機会がありました。普段から企画とプレゼンテーションはセットで勉強していたし、先生からどのような意図でつくった作品なのかを常に問われていましたので、このときは授業の成果が出せたと思います。面接に際しては先生と練習したことが役立ちました。どうしても面接となると緊張してしまうのですが、練習で場数を踏んで、あらかじめ緊張を体験しておいたのがよかったと感じています。また、書類選考のための提出したのはゲームの企画書と2D・3Dゲーム作品です。プランニングだけではなく、2D・3D作品もつくれることを示しました。結果的に幅広い能力を評価していただいての内定だったので、この戦略は正しかったと思います。

受験生の皆さんへのメッセージ

僕が意識して取り組んできたのは、企画以外に自分の武器になる技能を身につけることでした。あるとき先生から「このままではプランナーにはなれない」と指摘され、それからはとくに強みを磨くようになりました。OICのカリキュラムは幅が広いので、自分の得意分野を見いだすきっかけがあるはずです。また、プランナーには多様な視点が求められますので、ゲームだけではなく書物や映画など、様々なものに興味を持つことも大切です。ゲームプランナー専攻は4年制ですが、今振り返るとプランナーになる土台を培うにはそれくらいの時間が必要だったと思います。

ページの先頭へ