OIC 先輩達の内定報告

ゲームプランナー専攻
大阪府 太成学院大学高等学校 出身
石川 翔吾さん
ゲーム系について

デザイナー

株式会社トーセ

会社概要

ゲームソフトおよびモバイル・インターネット関連コンテンツの企画・開発・運営を行う。東南アジア向けスマートフォンゲームの開発など、グローバルな事業展開も実施。本社は京都市。
http://www.tose.co.jp

内定先についてお聞かせください。

非常に幅広いジャンルのゲームソフトの開発を行っている会社で、OICの先輩も勤務されています。職種はゲームデザイナーです。ちなみに、OICからゲームプランナーの同期入社がいます。ゲーム業界は日進月歩。ユーザーが求めるものを理解して、業界の変化以上に進化できるよう勉強し続けます。

選考のようすを教えてください。

OICに入学した当初から目標はゲームデザイナーでした。ゲームプランナー専攻を選んだのは、デザインも身につくカリキュラムになっていて、デザイナーになるにあたり、プランニングも学んでおきたいと考えたからです。広く学んだことは就活でも活き、デザイナー志望でも3Dやモーションだけといった特定の分野よりも、幅広い技能が評価の対象になると先生から聞いていました。だからポートフォリオには2D、3D、デッサン、企画など多彩な作品を盛り込みました。早期からポートフォリオづくりを頑張ってきて良かったと思います。面接は複数回あり、履歴書の内容に沿った基本的な質問を受けただけではなく、「デザインとは何か」「今後のビジョンは」といった意外な質問もありました。最終面接は個人的には感触はよくなかったのですが、幸いにも内定をいただくことができました。

どんな就活サポートがありましたか?

就活とは結局、運やご縁という要素が大きいと思いますが、だからといって努力を怠ると後悔しますので、やれるだけのことはしようと考えていました。その中でOICの先生方にはすごくお世話になりました。就活対策として直接役だったのが面接練習とポートフォリオチェックです。ポートフォリオは普段からの取り組みが大事。定期的に行われるポートフォリオチェック会では、担任の先生のフォルダに提出すればフィードバックを受けられます。毎回レベルを上げていくための指針をいただきました。また、日頃から先生が「皆でモチベーションを上げよう。一人が下がると皆が下がる」と呼びかけられていたのも印象に残っています。就活とは直接関係ないように思えますが、長期的には就職への意識づけに結びついたのだと思っています。

受験生の皆さんへのメッセージ

僕は自宅に制作環境がなく、家では模写くらいしかできませんでしたので、自習もほぼ学内の施設で行っていました。放課後はもちろん、休み時間も開放されていて、夏休み期間に通えば膨大な自主学習の時間が取れます。僕はこの環境に大変助けられました。こういう点も学校選びのポイントに加えてほしいと思います。

ページの先頭へ