OIC 先輩達の内定報告

ゲームプログラマー専攻
香川県立三本松高等学校 出身
鏡原 尚さん
ゲーム系について

ゲームプログラマー

株式会社セナネットワークス

会社概要

Webサイト・サービス、ソーシャル・PCアプリなどの企画・設計・開発業務を行うソフトウェア開発事業のほかeコマース事業などを展開。今後はゲームソフト開発にも力を注いでいく方針。本社は大阪市。
https://sena-networks.co.jp

内定先についてお聞かせください。

Webページ制作やアプリ開発などがメインですが、幅広い業務を手掛けていて、今後はゲーム制作も行うということで採用していただきました。会社説明の際にうかがったことなのですが、社員がやりたいと思ったことがあれば社長がその仕事を引っ張ってくるというユニークな会社で、ゲームもその一環のようです。この独特の環境を活かしていろんなことに挑戦していきたいし、ゲームだけでなく既存の分野であるWebやアプリ開発にもチャレンジして技術の幅を広げていきたいと思っています。

就活のプロセスを教えてください。

内定先は担任の先生の紹介で知り、興味を持ったので受けてみたいと先生に伝えたことで選考に進みました。社長や社員の方々との面接・面談があり、非常にフランクな雰囲気でお話しさせていただきました。実際に会社にうかがっての選考だったのですが、皆さんとても人柄が良さそうで働きやすそうな会社という印象を持ちました。

OICをめざしたきっかけは何ですか?

高校時代、知人の影響で短期間ではありますがプログラミングの勉強をしてみて、とても面白いと感じました。そこでプログラミングを職業にしたいと考えたのですが、ゲームが好きなのでどうせならゲームプログラミングを学ぼうと思いOICを選びました。まず1年間で1本の作品をつくるというのが入学時に掲げた目標でした。しかし1年生のとき出品した「メディアフロンティア(学生作品展)」では、そもそもゲームが動かないという失敗をやらかしました。それでも頑張り続けて2年生では優秀賞、3年生では仲間と共同制作した作品で最優秀賞をいただく成果をあげられました。HTC Viveという機材を使ったバーチャルリアリティ(VR)ゲームで、プレイヤーの動きを設置したセンサーに反応させ、室内を自由に動き回ってキャラクターとの連動を楽しめるという作品です。VR作品は初めての経験でしたので様々な試行錯誤がありましたが、2人で協力しあってどうにか形にすることができました。

受験生の皆さんへのメッセージ

OICは非常に自由度の高い学校で、やりたいことがあれば先生が後押ししてくれます。実際メディアフロンティアのVRゲームも、先生のバックアップがあってできた作品です。放課後に質問に行くと、長時間かけてでも納得いくまで教えてくれるし、先生でも判断の難しい問題であってもずっとパソコンの前で解決法を一緒に考えてくださる。そんなかかわりをしてくれるのがOICの先生方です。だからOICに入ったら、先生に頼ること。自分から積極的に動けば必ず助けてもらえるし、それがきっと力になります。

ページの先頭へ