OIC 先輩達の内定報告

ゲームクリエイター専攻(CG)
大阪情報コンピュータ高等専修学校 出身
泉 彩香さん
ゲーム系について

ゲームCGデザイナー

株式会社ヒットポイント

会社概要

京都市と名古屋市に拠点を持つゲームソフト会社。ねこ収集型シミュレーションゲーム『ねこあつめ』、2Dアクション死にゲー『Henri-アンリ-』、アクションゲーム『きぐるみゅ〜じっく』などのヒット作がある。
http://www.hit-point.co.jp

内定先についてお聞かせください。

最近の作品では「ねこあつめ」「旅かえる」などのタイトルで知られるゲーム会社です。「ねこあつめ」のような癒し系のほか、RPGの開発も手掛け、大人から子供まで幅広い層をターゲットにした商品を展開しています。私自身もゲームデザイナーとして、多彩なジャンルの開発に対応できる仕事をしていきたいと考えています。

選考のプロセスを教えてください。

内定先とはViViViT(ビビビット)というクリエイター向けの就活マッチングサイトに登録したことでつながりができました。2年生のときに行われた面接練習会の際、サイトの運営会社の方が来校されたことでViViViTのことを知り、就活中に登録しました。自分のページにポートフォリオをアップすれば企業に閲覧してもらえるしくみで、私の作品に関心を示してくださったのが内定先でした。ポートフォリオのクオリティはサイトだけでも十分に伝わったということで、面接のみで内定をいただく結果となりました。ViViViTを通じて、自分の作品を高く評価してくださる会社と出会えたことが良い結果になりました。

印象に残っている授業は何ですか?

私はグループ制作で多くのことを学びました。マイペースで進められる個人制作とは違って、全体の進捗に注意を払い、初対面の人も含めて常にコミュニケーションをとりながらの作業。周囲との協調を身につける機会になりました。たとえば自分の担当業務が早く終わったとき、どのように他のサポートに回るかということも自分で工夫しなければなりません。このような経験を通じて、就職後に欠かせないチームプレイのシミュレーションができたと思います。ゲーム業界は他職種との共同作業なので、ゲームプログラマーの仕事内容について、概要だけでも把握できたことも大きな成果だったと思います。また、通常の授業ではないのですが、ポートフォリオの合評会は私にとって転機になりました。企業の方から批評をいただくのですが「絵はうまい。でもうまいだけ。もっと惹かれるものがほしい」と厳しいコメントを受けました。このとき、自分の特色をもっと磨いていこうと強く感じました。

受験生の皆さんへのメッセージ

同じコース・専攻には共通する目標を持つ仲間がいて、お互いを支え合える関係です。皆ゲーム好きという趣味も共通しているので話しも合います。それと同時に、OICには多彩なジャンルがあり「メディアフロンティア(学生作品展)」などの機会に他分野の作品を目にすることができ、いつも多くの刺激をもらっていました。自分の専門を追究できるのはもちろん、それだけではない視野の広がりがあるのがOICの良い点だと思います。

ページの先頭へ