OIC 先輩達の内定報告

ゲームクリエイター専攻(PG)
大阪情報コンピュータ高等専修学校 出身
寺村 知泰さん
ゲーム系について

ゲームプログラマー

株式会社GOOFEES

会社概要

「すべての人にとって最高に心地いいモノ作りを目指す、大阪のゲーム開発会社」を標榜し2016年に創設。ビデオゲーム、ソーシャルアプリ開発のほか、海外ビデオゲームのローカライズ、各種CGムービー作成などを手掛ける。
http://goofees.co.jp

内定先についてお聞かせください。

2016年に設立されたばかりの若い会社で、これから様々な仕事にチャレンジしていくという状況です。ゲームプログラマーを採用するのは今年度が初めてと聞いています。これでプランナー、デザイナー、プログラマーの布陣が整い、一層体制が強化されたことになるのだと思います。その流れの中で採用していただいたことはとても嬉しいし、会社の成長の力になりたいと思っています。

印象に残っている授業は何ですか?

ゲームプログラミングを学ぶ中でVR(バーチャルリアリティ)が近年注目されていることを意識していました。「システム開発演習」という授業で実際にVRに触れる機会があり、そこで興味深い技術だと実感し「エクステンション(選択授業)」で学ぶとともに、自主学習にも取り組むようになりました。OICにはVRのハイスペックな開発環境があり、興味のある学生は自由に使うことができます。VRは言語については通常のゲームと同じなのですがフレームレートが異なるなど、非常に複雑な技術が求められる分野で、身につけるには相当な時間を要します。だからおもに授業外でかなりの時間をかけて習得していきました。これは就職のアピール材料のために学んだのではなく、今後ニーズが増えると見込まれる最新の技術を学びたかったというのが動機です。開発環境もあり、やりたいことを自由にさせてくれるOICだからできた勉強だと思います。

ゲーム業界をめざしたのはいつ頃ですか?

将来ゲームをつくってみたいとイメージするようになったのは、幼稚園の頃だったと思います。途中でいろいろと変わりもしたのですが、結局ゲームに戻っていきました。高校時代にはゲームプログラミングにはC言語が必須なことから、少しではありますが独学で身につけていました。事前にC言語を学んでおいたことは入学後かなり役立ちました。OICは自由度の高い学校なので、与えられた枠組みだけでなく、自分でやりたい分野を見つけて自主的に行動することが大切だと思います。僕の場合その一つがVRでした。

受験生の皆さんへのメッセージ

OICは自由を重んずる学校。その分ぜひ主体的に学んでほしいと思います。自分から行動を起こす学生に対して、先生も惜しみない支援をしてくださいます。好きなことを見つけて主体的に学んでいくことは、得意分野を磨くことにもつながります。僕はゲーム本体よりもバックエンドのゲームシステムがつくることが好きになったのですが、これも自分からプログラミングの学びを深めていった結果です。

ページの先頭へ