OIC 先輩達の内定報告

ゲームクリエイター専攻(CG)
大阪府立藤井寺工科高等学校 出身
濵本 大生さん
ゲーム系について

グラフィックデザイナー

株式会社インテリジェントシステムズ

会社概要

任天堂のゲームソフト開発をサポートする会社として創業。「ファイアーエムブレム」シリーズ、「ペーパーマリオ」シリーズ、「メイド イン ワリオ」シリーズ、「パネルでポン」「引ク押ス」などの開発で知られる。本社は京都市。
https://www.intsys.co.jp

内定先についてお聞かせください。

就活前の企業研究を通じてみつけた企業です。任天堂のタイトルをつくっていることを知り、ぜひとも入りたいと考えエントリーしました。第一志望の会社に入れて本当に嬉しく思います。職種はグラフィックデザイナーという名称で、2D、3Dともゲーム画面に映るものすべてを対象にデザインする役割だと聞いています。やりたい仕事はキャラクターデザインです。開発ではクライアントと現場がイメージを出し合うことから始めます。まずはその場に立ち会えるクリエイターになる。そしていずれは、任天堂の顔となるようなキャラクターをつくりたいと思っています。

就活のようすを教えてください。

膨大な志望者が集まる企業だけに、自分よりも技術のある人はたくさんいるでしょうから、ポートフォリオだけでは勝てません。エントリーシートの志望動機なども含めて、作品以外の部分も手を抜いていないことが伝わるように気を配りました。ポートフォリオは、会社を絞っていない段階では幅広い作品を揃えていましたが、この会社に決めてからは任天堂のテイストに合うように先生のアドバイスを受けながらつくり直しました。それも有効だったと思います。内定先では、内定の前段階で志願者と社員の方々との交流会があり、いろんな話をさせていただく機会がありました。雰囲気的が自分にすごく合う会社だと感じ、いっそう入社したい思いを強くしました。

ゲーム業界をめざしたのはいつ頃ですか。

ゲーム業界を意識するようになったのは小学生くらいです。子供の頃からアクションゲームやシミュレーションゲームなど、いろんなゲームに親しんできました。OICを選んだ理由はおもに就職実績です。カプコンなど業界を代表する企業に高い就職実績があり、学費面でも負担が少ないことに興味を持ち、オープンキャンパスに来てから入学を決めました。OICで良かったですね。業界出身の先生がおられ、学生たちはゲームという同じ趣味、業界就職という同じ目標を持っています。本当によい仲間に恵まれました。一方、学費のためにアルバイトにも精を出すハードな学生生活でしたが、絶対にゲーム業界に行くと決めていたので頑張れました。

受験生の皆さんへのメッセージ

仕事は毎日のこと。好きでないことを仕事にしても力が入らない。だいいち、したい仕事でないと活躍することもできない。そう思って頑張ってきました。皆さんも、自分がしたいことを明確にして、たとえしんどい勉強でもやり遂げてほしいと思います。そこで妥協すると、結局は就職後にしんどい思いをするのですから。

ページの先頭へ