OIC 先輩達の内定報告

ITスペシャリスト専攻
大阪府 阪南大学高等学校 出身
山崎 好洋さん
情報処理IT系について

ウェブサービスエンジニア

ヤフー株式会社

会社概要

ポータルサイトYahoo! JAPANを運営。サイト内広告、ブロードバンド関連事業、ネットオークション事業などを幅広く展開。東証一部上場。
https://about.yahoo.co.jp/

内定先についてお聞かせください。

ポータルサイトYahoo! JAPANの運営会社です。もともとヤフーへの就職を意識していたわけではありませんが、きっかけは逆求人のイベントに参加したことでした。数社と個別面談を行い、そのうち興味を持ったヤフーの選考に進みました。内定をいただいた後、人事からのフィードバックとして、技術力と企画力、マネジメント力を評価してもらったと聞きました。ヤフーのシステムは多くの人が使っているものですから、今から大きなやりがいを感じています。

就活の成功要因は何だと思いますか?

学内外で様々なことにチャレンジした結果だと思います。学外ではWeb制作会社でのアルバイトのほか、IT系カンファレンスに運営スタッフとして参加し、そこで学生スタッフのまとめ役を務めていました。カンファレンスは業界人が技術的なトピックなどを語る有志の講演会で、業界最前線の方々と接する機会になりました。OICの学びで印象に残るのがITクリエイト部での活動です。1年間リーダーを務め、人の上に立つ難しさを実感しました。自分の考えを伝えるだけでは組織はまとまらない。助けてほしいことをいかにさらけ出すか、というリーダーに必要な能力を学び取ることができました。先輩の存在も大きな刺激になりました。先輩と接していると、自分がITのごく狭い部分しか見ていなかったことがわかり視野が広がりました。まだまだやり切った感じはしませんね。できるなら、もう4年くらい学生を続けたい気持ちです。

資格取得の状況を教えてください。

基本情報技術者試験、応用情報技術者試験などを取得しました。OICで恵まれていたのは切磋琢磨できるクラスメイトがいたこと。合格は当然の前提。それを超えて点数で競い合う仲間がいる環境で勉強できたことが結果につながりました。一方で、就活では単に資格を持っているだけでは評価の対象にはならないと思います。むしろなぜ資格を取ったのか、それを通じてどんなことをしたいのか、という考え方の部分が問われます。僕も当初は資格や技術が一番大事だと捉えていました。転機は1年生の作品展。自分の作品がほとんど見てもらえなかったことで考えを改めました。それからは技術ではなく、大切なのは「使ってもらえるものをつくること」という発想で学んできました。これは今後も常に追求していく課題です。進化のスピードが速いIT業界に行くからには最新の技術を学び続けるのは不可欠ですが、僕自身の関心は技術ではなく、多くの人に使っていただけるものを生み出すことです。

受験生の皆さんへのメッセージ

学生時代で最も貴重な経験は、失敗体験だと思います。グループワークの際にリーダーを進んで務めてきましたが、その理由は自分の苦手分野であり、失敗を経験できると考えたからです。学生時代の失敗なら問題はない。だから日頃からいろんなチャレンジをして失敗するように自分を追い込んできました。就職してから取り返しのつかない失敗をしないためにも、学生時代に小さな失敗をたくさん経験してください。それは失敗ではなく前進です。

ページの先頭へ