OIC 先輩達の内定報告

ネットワークエンジニア専攻
東大阪市立日新高等学校 出身
上田 陽子さん
情報処理IT系について

システムエンジニア

株式会社エスユーエス

会社概要

ITのほか機械、電気・電子、化学・バイオ分野における技術者派遣事業のほか、ソーシャルゲーム、iOS/Androidアプリの企画・開発、WEBサイト・システムの企画・開発などを手がける。本社は京都市。
http://www.sus-g.co.jp

内定先についてお聞かせください。

ITなどの技術者を派遣する会社で、私も客先常駐のエンジニアとして勤務します。人材育成にも熱心で<「人」と「技術」をキーワードに社会に求められる人財を輩出する「社会人学校」を追求する>という事業方針を掲げています。内定先に入りたいと思った一番の要因は、経営者の人格に惹かれたからです。面接でこんな素晴らしい人にはそう会えないと感じ、迷わず入社を決めました。

就活で印象に残っていることはありますか?

IT系の専門職が本当に自分に合う仕事なのか、最後まで迷っていました。もともとOICに入学したのはパソコンを専門的に学びたいと思ったからなのですが、非常勤の先生が経営する会社で事務職のアルバイトをしていて、その事務の仕事が楽しく、専門職か事務職か決断できない日々が続いていました。それでも担任の先生やキャリア支援課の方が、ITに向いていると背中を押してくださり、エンジニア志望で就活に臨みました。OICの先生は学生一人ひとりをちゃんと見てくれているので、就活でもよく相談に乗ってくれました。

内定先を受けたきっかけは何ですか?

内定先を知ったきっかけは合同説明会です。説明会なのに、就活で失敗しないための就活講座を開催していて、とてもユニークな会社だと思いました。人事担当者も楽しい雰囲気の方で会社をとても気に入り、その後単独の説明会に参加しました。そこで改めて雰囲気のいい会社だと実感し、採用試験を受けることに決めました。選考を受け、次の面接に進むことが決まったのですが、その際人事の方から「次はもう少しこういう点を出してくださればいいと思います」といったアドバイスまでいただきました。その助言を携えて臨んだ次の面接は、とても印象的なものでした。面接をしてくださった役員の方が並行している他社の就活状況を心配してくださったり、最後は人生論のような話になったり、すっかり会社のファンになってしまいました。迷いに始まった就活でしたが、今は何の迷いもありません。エンジニアとして頑張っていく意思を固めています。

受験生の皆さんへのメッセージ

OICの一番の魅力は先生の存在です。どんな学生でも仲良くなれる先生が必ず見つかる学校だと思います。フレンドリーな先生たちが、就職以外のことでも何でも相談に乗ってくれますよ。学生と先生の距離感を知りたければ、ぜひOICのオープンキャンパスに足を運んでください。私はネットワークエンジニア体験のスタッフを務めていましたが、体験コーナーでは楽しくITの各分野を理解できます。

ページの先頭へ