OIC 先輩達の内定報告

テクニカルコース
奈良県立五條高等学校 出身
奥 彩華さん
情報処理IT系について

コーダー

リタワークス株式会社

会社概要

Web事業やCMS事業、非営利団体の会員募集から寄付の受付まで一括管理するクラウドサービス事業などを展開。社会貢献活動にも熱心に取り組む。本社は大阪市。
https://ritaworks.jp

内定先についてお聞かせください。

Web制作やWebシステム開発を行う企業で、OICの先輩も多く勤務されています。私でOICから3年連続の入社となり、今後も後輩が続いてくれるように活躍したいと考えています。インターンに参加したうえでの採用だったのですが、OICの先輩がやさしく接してくださり、インターン期間を楽しむことができました。入社直前には仕事を学ぶための本格的なインターンに入ります。早期に内定が決まったので、入社までの時間を技術的なブラッシュアップにあてていきます。

内定までのプロセスを教えてください。

学内企業説明会で非常にいい印象を持ち、受けてみたいと思いました。その場でインターンを受け付けているというお話をいただき、面接を経てインターンへの参加を許可されました。期間は2週間。これが実質的な選考でした。実際の仕事ではなく学生向けのインターンプログラムで、設計書を見ながらトップページのレイアウトを組むなどの業務を体験する内容でした。そこで分からないことがあれば、自ら先輩に質問して仕事を覚えるように努めました。仕事は楽しく、OICの先輩もおられて気持よく勤務できそうな環境だと感じ、ぜひ入社したいという思いを強くしてインターンを終了しました。その後、学校に採用通知が届き内定。インターンの評価表には、仕事の飲み込みが早く勤務態度もいいと書かれてあったと聞き、会社からの期待に応えたいと一層意欲がわきました。

Web制作の仕事をめざしたきっかけは何ですか?

入学時は職種までは決めていませんでしたが、方向性としてはプログラマーをイメージしていたので、ITテクニカルコースを選びました。転機となったのはWeb制作の授業。実際にWebページをつくる実習で、動きが目に見えるのがとても興味深く、授業外でも自主制作に励んで、これを仕事にしたいと考えるようになりました。選考上必須ではなかったのですが、ポートフォリオを会社に見せたところ、Web制作が中心ではないコースの学生なのに大変よくできていると評価していただきました。入社後はまずコーダーの仕事からスタートします。内定先にはデザイナーにもスクリプトを組むエンジニアにも興味あることを伝えています。そこで最初はコーダーを経験し、自分に合う方向にステップアップしていけばいいというキャリアプランを提示していただいています。

受験生の皆さんへのメッセージ

授業でやりたいと思える仕事を見つけたうえに、学校の業界ネットワークに支えられて就職を決めることができ、OICで学んだメリットを十分に実感できた学校生活でした。ぜひ皆さんにもOICで明確な目標をつかんでほしいと思います。内定を得た現在の私の目標は、印象に残るホームページを数多くつくり、クライアントのビジネスに貢献できる仕事を続けていくことです。

ページの先頭へ