OIC 先輩達の内定報告

システムエンジニア専攻
愛媛県立北宇和高等学校 出身
善家 綜一朗さん
情報処理IT系について

システムエンジニア

Sky株式会社

会社概要

家電、デジタル複合機、カーエレクトロニクス、モバイル、情報家電、教育、公共・民間向けクライアント運用管理ソフトウェアなど幅広い分野のシステム開発を展開。本社は大阪市。
https://www.skygroup.jp

内定先についてお聞かせください。

多彩な分野でシステム開発を行っている企業ですが、学生にとって身近な分野としては、「SKYMENU」という全国的に活用されている情報教育の支援システムがあり、僕の出身高校の授業でも導入されています。内定先を知ったのは大手ナビの企業説明会で、コミュニケーションが活発な会社という好印象を持ちました。テレビCMも放映されていて、勢いのある会社だと思ってエントリーしました。

開発職に絞っての就活でしたか?

本格的に就活を開始する前は開発か運用で迷っていました。そこで先生に情報提供をお願いして、インターンで適性を探ることにしました。2年生の夏と秋に合計2回インターンに参加するとともに、OICの先輩からも話を聞いて、やはり開発職をめざそうと意思を固めました。迷った中で自分なりにインターンを経験したり情報を集めたりして志望動機を明確にできたことは、結果的に面接のアピール材料にもなりました。インターンで運用の業務も経験して自分が開発向きだと感じたことや、開発の仕事にどんな魅力を感じているかなど、実感を込めて話すことができますので。面接に向けて、自分が開発職をめざした理由を改めてリスト化し、それらを一つひとつ深堀りして答えられるように準備しました。

資格はアピール材料になりましたか?

応用情報技術者を取得したことは大きなアピール材料でした。内定先以外にも数社受けたのですが、どの会社の面接でも資格のことは質問されました。応用情報技術者に合格するには相応の学習量が必要ですから、真面目に勉強に取り組んだことが伝わったのではないでしょうか。メディアフロンティア(学生作品展)に作品を出展した体験も受けがよかったですね。演習で作成したものに加え、友人と一緒に個人制作した英単語の暗記システムを出展したのですが、このシステムは実際に英語塾で使ってもらっています。自分が開発したシステムが社会で使われているのはとても嬉しいことです。就職後はより多くの人に役立てるシステムを開発し、いずれはリーダーやプロジェクトマネージャーをめざしていきたいと思います。

受験生の皆さんへのメッセージ

OICのよさは詰め込みではないこと。自由に使える時間が結構あり、授業のない時間に皆で集まって勉強会を開催するなど、好きなスタイルで勉強できました。ITクリエイト部でも活動していて、部活で得た知識・技術に加え、意欲的な仲間とのネットワークは学校生活を一層充実させてくれました。授業だけを受けたい人には向かないかもしれませんが、好きなことに取り組みたい人にとってOICは最適な学校だと思います。

ページの先頭へ