OIC 先輩達の内定報告

ITスペシャリスト専攻
大阪府立城東工科高等学校 出身
近藤 真さん
情報処理IT系について

セキュリティエンジニア

株式会社セキュアヴェイル

会社概要

コンピュータ・ネットワーク・セキュリティシステムの設計、構築、運用監視、ヘルプデスク業務、ログ分析および関連製品の販売を手がける情報セキュリティ企業。本社は大阪市。
http://www.secuavail.com

内定先についてお聞かせください。

ネットワークセキュリティに関する運用監視などを行う企業です。当初からセキュリティエンジニアを志望していたわけではないのですが、情報セキュリティスペシャリスト試験(現情報処理安全確保支援士)の取得を通じて、この分野に関心を持つとともに自分の適性にも気づき、この仕事をめざすことにしました。自分の手で大きなセキュリティ案件を解決したり、未然に防いだりして会社に貢献していきたいと思います。

どんな意識で就活に臨みましたか?

就活を始めるときに意識を切り替えたのは、資格だけのアピールではダメということでした。企業としても、資格があってもその知識を活用できなければ意味がないと考えるはず。実際、内定先の面接では資格のことも話題になりましたが、それ以上に志望動機や問題解決力などを見られていると感じました。先生の添削を受けながら、志望動機や自己PR文をしっかり作成し、面接に進めたことが良い結果につながったのだと思います。就活の中で業務体験会というプログラムに参加したことがありました。仮のクライアントにセキュリティ上の問題が起きたという設定で、原因の分析と問題解決法の考案に取り組む内容でした。自分なりに一歩踏み込んで解析することができ、改めてセキュリティエンジニアという仕事の興味深さに触れる機会になりました。

OICで取得した資格を教えてください。

1年生で基本情報技術者、3年生で応用情報技術者とレベル4の情報セキュリティスペシャリスト試験(情報処理安全確保支援士)に合格しました。基本情報技術者と応用情報技術者に関してはOICの資格対策が講座あり、これらの講座をしっかり受講したことが合格に結びつきました。OICには同じ資格をめざして学ぶ同志がたくさんいますので、つい足が遠のきそうなときでも友達が一緒なので休まず通うことができました。だから合格できたのは友達のおかげでもあります。情報セキュリティスペシャリストは対策講座がありませんので、自主学習が主体となります。それでもセキュリティ担当の先生が過去問を提供してくださるなどのサポートがありました。もともと卒業までに応用情報技術者まで取れればいいと考えていたのですが、3年生で取得できたのでレベル4にもチャレンジして合格できました。この点は4年制で学んだメリットだと思います。

受験生の皆さんへのメッセージ

資格取得については、1年生、2年生の段階で真面目に対策講座に出席することが大切です。OICは出席して誠意をみせたら、それに応えてくれる学校です。僕は高校まで、将来を親から心配されるくらい成績が悪かった。それがOICに来て変わりました。ITは高校までの成績とは関係なく、力を伸ばせる分野。OICで真剣に学べば必ず結果が出ますよ。

ページの先頭へ