OICThe PROfessional

the PRO fessional

プロの現場で活躍する卒業生たちの
生の声をお届けします。

卒業生インタビュー

写真

デザイナー

横原文代 さん
ゲームデザイナー専攻 2017年卒業
岡山県立東岡山工業高等学校 出身
レベルファイブ株式会社レベルファイブ
ゲームソフトの企画・制作・販売会社。子どもたちを中心に幅広い世代に人気の「妖怪ウォッチ」「スナックワールド」シリーズをはじめ、世界累計出荷1700万本以上を達成した「レイトン」シリーズなど、エンターテインメントコンテンツを世界に発信している。2018年には「イナズマイレブン アレスの天秤」や「二ノ国II レヴァナントキングダム」などの最新作を展開予定。

INTERVIEW

今のお仕事内容を教えてください。
おもにキャラクターにモーションをつける仕事をしています。動きはキャラクターの印象を決める大事な要素。多様な感情と個性を反映したモーションをつけるよう心掛けています。まだ勉強中ですが、やりがいの大きさを感じています。
モーションの仕事をめざしたのはいつですか?
OIC入学時点ではゲーム業界とだけ考えていました。1年後期にモーションの授業を受け、3Dモデルを動かす原理に興味を持ったことから、モーションを得意分野として磨きたいと思い、この仕事を目標に定めました。
これからの目標は何ですか?
技術を磨き続けることはもちろんですが、当面は自分が動きをつけたキャラクターに対して「かっこいい」「かわいい」といったユーザーからの評価を得ることです。ゲームで人を楽しませたいという思いは今後もずっと変わりません。