グローバルナビゲーション



作品・在学生・卒業生紹介

ローカルナビゲーション


ここから本文です

コンテスト

心が躍れば、それはGAMEです。TOKYO GAME SHOW 2011 日本ゲーム大賞2年連続入賞など各コンテストで入選 OIC生のゲームづくりのスキルとチーム力の高さを証明

328作品の中から見事受賞作品に選出!日本ゲーム大賞2012アマチュア部門に入選!

今年度の応募作品は328作品と昨年と比べて大幅に増加(昨年は194作品)。
1次、2次、最終審査と厳しい選考を経て残った受賞11作品に、本校の学生が作成した「リブレット」が入選いたしました。

日本ゲーム大賞2011 アマチュア部門で佳作に入選! 作品の反省点を次に活かし、どんどんレベルアップしていきたい

ゲーム制作において最も注意したのは、「一つのゲームとして完結できているか」。これが今回の受賞につながったという評価をいただけたことが一番の収穫です。今回気付くことができた反省点を、次の作品に活かしたいと思います。

「ソニックライナー」開発チーム チームリーダー 金本 裕士さん ゲームデザイナー専攻 私立 大阪情報コンピュータ高等専修学校 出身

「ソニックライナー」開発チーム チームリーダー
金本 裕士さん
ゲームデザイナー専攻
私立 大阪情報コンピュータ高等専修学校 出身

日本ゲーム大賞審査員 セガ 中村 俊氏

日本ゲーム大賞審査員 セガ 中村 俊氏

ゲームシステム、キャラクター挙動、MAPの構成、グラフィック、プログラム全てにおいての完成度の高さが選考理由です。近い将来、皆さんがプロとして活躍する日を楽しみにしています。

本校のTeam Bravo制作「プロトタイプ」が第4回福岡ゲームコンテストに入選! チームで行うゲームづくりにはコミュニケーション力が不可欠

ゲームづくりにおいてプログラマーとCGデザイナーが一緒に制作することは、毎日が発見です。プログラマーとCGデザイナーでは常識が違うため、お互い何ができて何ができないのかを伝えておかなければならないため、コミュニケーション力が不可欠です。

Team Bravo 淵本 和馬さん ゲームプログラマー専攻 大阪市立 西高等学校 出身

Team Bravo
淵本 和馬さん
ゲームプログラマー専攻
大阪市立 西高等学校 出身

「ミノタウロス」が3DCG Award 2011 フォトリアリスティックに入選! 決して努力を惜しまず、常にスキルアップすることが大事

入選作「ミノラウロス」

入選作「ミノラウロス」

Zbrush(スカルプトソフトウエア)というソフトを独学で学修し、今回の受賞作品を完成させました。ゲームCGデザイナーをめざすために日々、最新の動向を研究し、努力を惜しまずスキルアップしていることが必要です。

谷口 純一さん ゲームデザイナー専攻 和歌山県立 南部高等学校 出身

谷口 純一さん
ゲームデザイナー専攻
和歌山県立 南部高等学校 出身

CG-ARTS協会主催 第16回 学生CGコンテスト奨励賞を入選!

CG-ARTS協会主催「第16回学生作品コンテスト」において、片山孔明さんを含む5名の在校生が共同制作したゲーム作品「restore」がインタラクティブ部門・奨励賞を受賞いたしました。「restore」は 制限時間内にステージに散らばるクリスタルを集めるというシンプルな内容ですが、さまざまなステージと多彩なジャンプアクションにより奥深さのある王道アクションゲームです。

片山 孔明さん ゲームプログラマー専攻 2011年卒業 私立 大阪情報コンピュータ高等専修学校 出身

片山 孔明さん
ゲームプログラマー専攻
私立 大阪情報コンピュータ高等専修学校 出身

パソコンやお電話で今すぐ資料請求