OIC 先輩達の内定報告

システムエンジニア専攻
大阪府立貝塚高等学校 出身
加藤 友李さん
情報処理IT系について

プログラマー

アイテックソフトウェア株式会社

会社概要

阪急阪神東宝グループのIT企業。鉄道のほかビル、医療、流通、不動産など幅広い業界の運用に関わるシステム開発を手がける。本社は大阪市。近年東京進出も本格化させた。
http://www.itec-software.co.jp

内定先についてお聞かせください。

電鉄系のIT企業で、身近な生活インフラを支える仕事がしたいと考えていた私にとって最適な会社だと思っています。配属先は未定ですが、鉄道もしくは医療の部署に勤務したいという希望を伝えています。また、勉強会の開催や資格取得のサポート体制など人材育成にも力を入れているほか、入社後のキャリアパスが明確になっている点、さらには女性役員がおられることも内定先に魅力を感じた要因です。

内定先に興味を持ったきっかけを教えてください。

最新のテクノロジーを追求するタイプの仕事よりも生活に密着したシステム開発に感心を持っていたので、その観点から求人票をチェックしていていました。なかなかそれに見合う会社がないと感じていたとき、担任の先生が情報提供してくださったのが内定先でした。この会社にはOICの先輩も勤務されていて、私が興味を持っていることを踏まえて、先生が学生作品展示会(メディアフロンティア)の際に来校されていた先輩に引きあわせてくださったのです。そこで会社の雰囲気や仕事内容、業界での会社の評価など、社員ならではの貴重な話をうかがうことができました。そこから就活に進み、スムーズに内定まで至りました。早期に決まったので他社は受けていません。学生一人ひとりの希望を把握してきめ細やかにフォローしてくださる先生と、OICの業界とのつながりがあったからこそ、希望する企業に就職できたと感謝しています。

資格は就活の力になりましたか?

面接の際、私が取得した資格に興味を示しておられたのが感じられました。集団面接では、その中で応用情報技術者を持っていたのは私だけで、「実務に則した問題が多い資格ですがその点は大丈夫でしたか?」「どんな勉強をしてきましたか?」という質問を受けました。休み期間に開講されるOICの対策講座をみっちり受講し、講座終了後も先生のところへ質問に通っていたことを説明しました。あと就活に役立ったのはキャリアブートキャンプ(就職対策の合宿)です。いろんな方と面接練習をしますので、同じ話でも面接官によって反応が異なるのがわかり、複数のアピール材料を用意しておくことの大切さを理解しました。

受験生の皆さんへのメッセージ

OICは女子のための支援イベントが充実しています。入学直後の女子交流会を通じて他分野の学生や先生と知り合えたことで、その後も交流が続き、過ごしやすい学校生活につながりました。資格取得のサポートが手厚く、資格が就職の武器になったのは事実ですが、OICではそれが着地点ではないと感じています。例えば「システム開発演習」では、ほとんどが初対面の学生とチームを組んで同じ課題に取り組み、現場で求められるコニュニケーション能力を磨きます。このような資格を超えた実践教育がOICの魅力だと思います。

ページの先頭へ