OIC 先輩達の内定報告

システムエンジニア専攻
大阪府立松原高等学校 出身
尾崎 風香さん
情報処理IT系について

システムエンジニア

Pro-X株式会社

会社概要

コンピューターシステムのコンサルティング、設計、開発、保守などを幅広く手がけるIT企業。社名にはシステムのプロデュースからプログラムまでをプロフェッショナルに行うという意図が込められている。本社は大阪市。
http://www.pro-x.co.jp

内定先についてお聞かせください。

コンピューターシステムの設計、開発、保守などを行うIT企業です。内定先を薦めてくださったのは「システム開発演習」の先生でした。業務が客先常駐なので、お客様と意思疎通をしながら仕事を進めて必要があります。私は人の話を聞くのも話すのも好き。授業を通じて私の特性をよく知る先生が「私に向いている」と言ってくださり、キャリア支援課の方に相談したときも同じご意見だったので、受けてみることに。結局、他社にエントリーすることはありませんでした。

面接ではどんな話題になりましたか?

まずは会社見学からスタートし、会社の雰囲気を知ったうえで、筆記試験や面接などに進みました。筆記試験では普段の勉強の成果が出せました。OICで学んだことで普通に対応できたという印象です。面接はOICのキャリアブートキャンプ(就職対策の合宿)でしっかり対策をして臨んだので緊張感はありませんでした。面接の際、勉強のことだけでなく部活やアルバイトでの頑張りについても盛んに質問されました。最終面接を終え、結果の通知までドキドキする日々を過ごすのかなと思っていたら、予想以上に早く内定をいただきました。学業以外に部活、アルバイト、学内での各種委員会など、いろんなことに取り組み忙しい学生生活を過ごしましたが、面接でのやりとりを振り返ると、すべての経験が就職につながったと思います。

女子学生に特化した就職支援を受けましたか?

「身だしなみ・マナー講座」「メイク講座」に参加しました。マナー講座ではお辞儀の角度や座るときの姿勢といった女性の身のこなしについて、事細かに教えていただきました。メイク講座では、専門家の先生に就活にふさわしいメイクの仕方を指導してもらいました。私はフットサル部で活動していたこともあって、普段あまりメイクをしませんでした。とくにマナーを意識したメイクはまったく知らなかったのでとても参考になりました。OICでは就活対策だけでなく女子学生のための交流イベントもあり、女子をすごく大切にしてくれる学校です。クラスでも女子同士の仲がよく、就活の際にはライングループで情報交換をしてお互いに励まし合っていました。クラスメイトとは卒業後は同業者になります。これからも支え合える関係でいたいですね。

受験生の皆さんへのメッセージ

人と接することが好きで客先常駐の仕事を選びましたが、実は高校までの私はコミュニケーションが苦手。そんな私がコミュニケーション力を身につけるきっかけになったのが委員会活動です。OICフェスティバル(運動会)、七夕、クリスマスイベントの実行委員などを積極的に務め、同期、先輩、後輩たちと一緒に活動することで人と接する喜びを知りました。OICに入ったら授業だけではなく、部活、各種実行委員にどんどんチャレンジしてください。かけがえのない友達との出会いもありますよ。

ページの先頭へ