OIC 先輩達の内定報告

ネットワークエンジニア専攻
岡山県立津山商業高等学校 出身
兵頭 佑一さん
情報処理IT系について

ネットワークエンジニア

富士通エフ・アイ・ピーDC株式会社

会社概要

総合エレクトロニクスメーカー富士通グループで、唯一ICT運用に特化した会社。物流、小売、金融、病院など幅広い領域におけるネットワークインフラを構築・管理・運用している。本社は東京都。
http://www.fujitsu.com/jp/group/fdc/

内定先についてお聞かせください。

ネットワークの構築から管理・運用までのサービスを提供する富士通グループの企業です。当初はシステムエンジニアになりたいと思っていましたが、普段我々が当然のように使っているネットワークシステムを運用する仕事に興味を持つようになり、内定先をめざしました。先日、内定者懇談式と内定式に参加し、同期入社の人たちや先輩方とお会いしました。いい雰囲気の会社だということが実感でき、入社に向けて意識がより高まりました。

選考のようすを教えてください。

学内の合同説明会で10社ほどから話を聞き、内定先にエントリーしました。就活にあたって、キャリア支援課のサポートが非常に役立ちました。履歴書とエントリーシートの内容をチェックしてもらったときは、記述が抽象的なのでもっと具体的に書くよう助言され、面接練習ではもっとゆっくり話すようにと話し方を修正していただきました。あとは志望動機と自己PRを文章化し、何度も読み返して、何を質問されても答えられるように考えを整理しました。面接を振り返って一番良かったと思う点は、自分の学習体験をうまく自己PRにつなげられたことでした。ともかくキャリア支援課の後押しには感謝していますし、後輩の皆さんにはぜひキャリア支援課をどんどん活用してほしいと思います。

自己PRでは何を話しましたか?

OICの「システム開発演習」での成長体験です。スケジュール調整の大変さや、連絡・報告を綿密に行うことの大切をチームでの作業を通して学んだ経験を伝えるとともに、システムをつくるということにとどまらず、コミュニケーション力にも磨きをかけたことをアピールしました。OICはグループワークが多く、授業にしっかり取り組めば、それが就活のアピール材料になります。授業は実際の体験に基づく話なので、面接官にも響く内容になるのではないでしょうか。来春からネットワークエンジニアとしての勤務が始まります。当たり前のように稼働しているネットワークシステムの裏には、それを支えるエンジニアの存在があります。僕もその一員として社会に貢献できるように頑張っていきます。

受験生の皆さんへのメッセージ

OICのお勧めは、スバリ授業です。OICには現場で勤務経験を持つ先生が揃っています。そんな現場経験豊富な先生方から、直接プログラミングなどの技術を学べるうえに、演習は実社会を想定した中身なので、実践的な力を伸ばせます。だからOICの授業に真剣に取り組むことが、一番の就職対策になると思います。

ページの先頭へ