OIC 先輩達の内定報告

ゲームデザイナー専攻
岸和田市立産業高等学校 出身
浅野 玲奈さん
ゲーム系について

モーションデザイナー

株式会社ジーン

会社概要

アーケードゲームソフトで高い評価を得るほか、家庭用ゲームソフト、ソーシャルゲームソフト、WEB開発など幅広いゲーム開発を手掛ける。北米・欧州など世界進出も加速させている。本社は大阪市。
https://www.xeen.co.jp

内定先についてお聞かせください。

アーケードゲームの開発に定評のある会社なのですが、今後はコンシューマをはじめ、より多彩なプラットフォームを手掛けて行く方針を面接時にうかがいました。さらに海外マーケットも視野に入れているということです。独立系のゲーム会社ならではの自由度の高さがあり、社員のつくりたいものをつくれる。その環境に魅力を感じて選びました。職種はモーションデザイナー。中学生の頃からモーションをつくる仕事がしたいと思っていて、OICを選んだのもそのためです。夢が叶い、うれしく思います。

内定先を選んだ経緯を教えてください。

3年の後半のとき、OICのポートフォリオ交流会に来校されていて、お声を掛けてもらったのがきっかけです。当時のモーション作品を見ていただき「よくできていますね」「動き自体は悪くないので、重心やキャラクターの個性を工夫すればもっと良くなる」と助言いただきました。交流会ではもう1社に講評してもらったのですが、内定先の指摘がすごく的確で腑に落ちたのが印象に残りました。結局それがご縁で、選考を受けさせてもらうことになり、面接に臨んだというのが経緯です。面接では再びポートフォリオをお見せしながら話をしたのですが、一方的に質問されるのではなく、こちらからも会社の経営方針や作品の実績などをお聞きするという場面もあり、とても和やかな雰囲気で進みました。

印象に残った授業は何ですか。

モーションデザイナーをめざして入学したので、それに関連する科目すべてです。解剖学で人体の構造を学ぶことにはじまり、筋肉の付け方、モデリング、そしてモーションの実践をしていくというステップです。人体だけではなく、鳥や四足歩行の動物など、様々な対象をスケッチして筋肉や骨格の動きを学びました。モデリングは難しかったですね。とくに3Dはアゴの下や脇といった、普段意識しない身体部位も正しく表現しなければならず、半年ほどひたすらモデリングに取り組んだ時期がありました。モデリングが形になってくると、次はキャラクターを動かすためのコントローラーを入れたり、リグ打ちをしたり。リギングは最初全然わからなかったのですが、OICのマニュアルがあり、失敗もしながら段々と体得していきました。アニメーションは10本ほど作成しました。3Dの場合、どの角度から見ても違和感のないシルエットに仕上げなければなりません。一つひとつのシーンを常にかっこよく見せることを意識していました。キャラクターデザインも好きな授業でした。キャラクターの個性や世界観といった背景を理解していないと、モーションをデザインできないことを学びました。

受験生の皆さんへのメッセージ

勉強だけでなく、季節ごとのイベントや女子学生限定の交流会など、行事が多くキャンパスライフも楽しめるのがOICの特色です。ぜひ楽しみながら夢を追求してください。私のようにモーションデザイナーをめざす人には、OICは自信を持って勧められる学校。ゲーム業界の第一線で活躍する先生がていねいに教えてくれます。

ページの先頭へ