OIC 先輩達の内定報告

竹原 明日香さん

システムエンジニア専攻
福井県立福井商業高等学校 出身
竹原 明日香さん
情報処理IT系について

総合職

株式会社日本総研情報サービス

会社概要

基幹業務やインフラ環境の構築といったトータル・システムインテグレーションを提供する「システム開発」のほか、自社内では賄いきれないIT人材を提供する「運用・管理・ヘルプデスク」など、幅広いIT関連サービスを手掛ける。本社は大阪市。
https://www.intface.co.jp

内定先についてお聞かせください。

システム開発やヘルプデスクなど、いくつかの事業を行っているIT企業で、学内説明会で知りました。説明会のときヘルプデスクの仕事内容を教えていただき、困った人を助ける仕事だと納得。OICでオープンキャンパスのスタッフを務めていた経験もあって、人を助ける仕事なら向いていると思い、この会社をめざすことにしました。内定先にはOICの先輩も勤務されているそうです。一緒に仕事をする機会があれば、心強い存在になってくださることでしょう。

就活のようすを教えてください。

面接主体の選考でした。面接ではオープンキャンパススタッフに加わり、学校の代表として働いてきたことや、2年の「システム開発演習」でチームが最優秀賞を獲得したことなどをアピールしました。就活での疑問は担任の先生に質問していました。例えば履歴書の作成では、学んだ授業についてより具体的に記入するように指導していただきました。面接練習はキャリア支援課にお願いしました。練習を終えると意外にも「結構ハキハキとした受け答えができている。大丈夫だよ」と言ってもらえたので、自信を持って面接に臨むことができました。オープンキャンパスの活動を通じて、コミュニケーション力を伸ばせていたのだと思います。ほかに学校からのサポートとして、OICでは女子学生に特化した就活支援があり、「身だしなみ・マナー講座」「メイク講座」をオンライン受講。就活用のメイクはまったく知らなかったので、そのまま実践。身だしなみについてもパンツスーツでも問題ないことなど、女子の就活生にとってほしい情報を得ることができました。

印象に残っている学習は何ですか。

面接でもアピールした「システム開発演習」です。Visual Studioというシステム開発ツールを使って在庫管理システムをつくりました。プログラミングの知識・技術面で成長できたこと以外に、書記として議事録を作成する事務仕事も体験できたし、何よりチーム開発におけるコミュニケーションの大切さを学びました。最初から人間関係ができているわけではなかったので、趣味の話などをしてお互いに打ち解けてから実務に入るようにしていました。そうしたチームの結束が、最優秀賞という結果に結びついたのだと思います。OICへの入学を決めた当初は2年制コースに入ろうと思っていたのですが、その場合実質1年間の学習成果で就活に臨まなければならず、結局3年制を選びました。2年のときに「システム開発演習」を経験でき、それが就活のアピール材料になりましたので、3年制に入学した効果が出たと言えます。

受験生の皆さんへのメッセージ

OICでは基礎の基礎から教えてもらえるので、入学前の知識は問われません。先生が非常に手厚くサポートしてくださり、しっかり学びさえすれば卒業する頃には専門職をめざせるようになっているはずです。私の学年はコロナ禍と重なりリモート授業も多かったのですが、そんな状況でも先生は一人ひとりを見てくださっていました。

ページの先頭へ